CSR経営

2015年に国連で採択された、持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、豊かで活力ある未来を作るため17の目標を定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取組です。

Central Dogmaで掲げたビジョン「金融リテラシー継承」は全てのステークホルダーと共に次世代へ人も資産も自然の豊さも継承していくという思いが込められております。現在の弊社の規模感で世界規模の飢餓や資源などに直接的に解決の糸口を投げることは正直難しいです。しかし一人ひとりの意識は重要だと思っております。

 

私たちは、ファイナンシャルデザイン事業を通じて上記SDGs項目に貢献します。今私たちができることは何なのかを常に振り返り、お客様に正しい資産構築のご提案をし全ての人が適性な健康と福祉を受けれるようなご提案をいたします。従業員教育の質を高めることはもちろんセミナー事業による子どもたちへの教育を行います。ダイバーシティ採用を追求し女性の社会進出のみならずLGBTQ+の方々の支援もして参ります。また各種投資情報をお伝えしていく中で、ESG投資の概念についてもお伝えしていきます。その結果サスティーナブルな資産形成を行うのみならずお客様全員が環境に配慮した考えを醸成していくことが実現できると考えております。

最新情報

PAGE TOP