ブログ

みんな知ってる?マイナポイントについて

最近、QR決済サービスやコンビニなどで、マイナポイントキャンペーンの告知をよく見かけませんか?しかし、世間では未だマイナポイントのことが周知されていないように思われます。いったいどのような制度なのか探ってみましょう。

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、マイナンバーカードを使って申し込み手続きを行うと、指定したキャッシュレス決済でチャージや買い物をした際に利用金額の25%分のポイントが得られるサービスです。対象となるキャッシュレス決済は、SuicaやPASMO、WAON、nanacoをはじめとする電子マネー、PayPayやLINEpay、d払いなどのQR決済、一部のクレジットカード・プリペイドカード・デビットカードがあります。
マイナポイントは、2020年9月から2021年3月までの期間限定の施策です。

マイナンバーカードの普及促進

そもそもマイナンバーカードとは、12ケタの個人識別番号が記載されたプラスチック製カードです。この番号をもとに、税や社会保障・災害対策などの公的手続きを行えます。また、カードの表面には本人の顔写真と氏名、住所、生年月日、性別が記載されており、本人確認のための身分証明書としても利用できます。このように便利なうえにマイナポイントまでもらえるお得な制度です。
しかしながら、マイナンバーカードは国民の間であまり浸透していません。総務省の公表データによれば、2020年1月20日時点における日本の人口が1億2,744万3,563人であるのに対し、マイナンバーカードの発行枚数は1,910万1,271枚で、普及率は15.0%にとどまっています。都道府県別で最も普及している宮崎県でも20.5%にすぎず、最も少ない高知県にいたっては9.0%と低い水準です。
マイナポイント創設の背景には、マイナンバーカードの普及を促進するという政府の戦略があると言えるでしょう。

マイナンバーカードの申請方法

マイナンバーカードの申請は以下の4つ方法で行えます。
①郵便
個人番号カード交付申請書に署名または記名・押印し顔写真を貼り付ける⇨交付申請書記入し送付用封筒に入れて郵便ポストに投函する

②パソコン
デジタルカメラで顔写真を撮影しパソコンに保存⇨マイナンバー総合サイトにアクセス⇨必要事項を入力し顔写真を添付して送信する

③スマートフォン
スマートフォンのカメラで顔写真を撮影⇨交付申請書のQRコードを読み込み、申請用Webサイトにアクセス⇨必要事項を入力し顔写真を添付して送信する

④証明用写真機
タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択⇨交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざす⇨案内にしたがって必要事項を入力し顔写真を撮影して送信する

受取方法は、申請後に市区町村から交付通知書が送付されます。通知書を市区町村窓口に持参し、本人確認をした後に受け取ります。

マイナンバーカードのメリット

①身分証明として利用可能

②コンビニでの各種証明書の発行(住民票、課税証明書など)

③マイナポイントで5,000円分のポイント付与

④健康保険証としての代用(2021年3月開始予定)

⑤スマホ、パソコンで行政手続き(子育てなどの行政手続き、健診結果や医療費の確認など)

⑥住宅ローンの申し込み、各種口座開設

⑦e-Taxでのオンライン確定申告、マイナポータルでの電子申請

上記のようにマイナンバーカードを作成すると様々な行政サービスを受けられるだけでなく、本人確認書類として活用することができます。

まだマイナンバーカードを取得していない人は、マイナポイント制度で「5,000円分のポイント+決済サービス事業者独自のポイント還元」が受けられる期間中に作っておくのがお得といえそうです。

関連記事

  1. 社会保険料の計算方法
  2. インデックスファンドVSアクティブファンド
  3. とりあえず迷ったらつみたてNISAはeMAXIS Slim米国株…
  4. 未だに現金派?夫婦でクレジットカードを有効活用‼︎
  5. ETF-QQQ
  6. 個人バランスシートとは?
  7. 投資信託とは?④
  8. お金管理アプリとは?アプリ選びのポイントや上手な使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP