ブログ

お金管理アプリとは?アプリ選びのポイントや上手な使い方

現代、キャッシュレス決済が普及するなど現金管理の手間が少なくなった反面、「銀行口座」「クレジットカード」「電子マネー」などお金の情報が散らばっており、自分がどれくらいお金を持っているか、使っているか把握できていない人も多いかもしれません。そこで、アプリを使ってスマートに家計や資産の管理を始めてみませんか? これから役に立つお金管理アプリの選び方や上手な使い方を紹介します。

お金管理アプリとは?どんな機能がある?

お金管理アプリの特徴は、家計管理のみならず、銀行口座やクレジットカードの情報と連携して自分の持つお金”を幅広く把握し、管理できます。多くのアプリは、主に次のような機能があります。

自分の持ち金を把握できる

お金管理アプリによって提携している金融サービスは異なりますが、一般的には「銀行口座」「クレジットカード」「電子マネー」を登録し連携できます。連携することで、お金の残高や履歴などがひと目で分かります。

入出金を確認・記録できる

連携した口座の入出金や、クレジットカードの引き落とし、電子マネーへのチャージなど利用状況がタイムリーに更新されるので、収支を振り返るのにとても便利です。銀行口座とクレジットカードを登録しておくことで残高不足を事前通知してくれるアプリもあります。支払いが重なって引き落としできなかった……といったトラブルも回避できるでしょう。

資産運用やポイント管理も

銀行口座やクレジットカード、電子マネーのほかに、証券口座にある投資信託や株式、外貨の他、加入している保険、ポイント、マイレージまで管理できるアプリやオプションサービスもあります。

アプリを選ぶポイントとは?

お金管理アプリは毎日の家計管理を重視したものから、本格的な資産管理ができるものまで様々あります。どのアプリがいいか迷った場合は、自分のライフスタイルに合うもの選んでみましょう。

連携している金融サービスで選択

お金管理アプリによって提携している金融サービスは異なります。銀行や証券会社などの金融機関、クレジットカードや電子マネーなどと連携して使用したい場合は、普段利用している金融サービスが提携しているかを確認しましょう。

無料で使える機能や有料オプションで選択

お金管理アプリのほとんどは無料ですが、機能やデザインはアプリによって様々です。機能が多いと使いこなせないかもという人は、初めシンプルなアプリを選ぶといいでしょう。
また、無料アプリでもアプリ内課金や有料サービスを提供しているものも多くあります。医療費控除やローンシミュレーション、確定申告の中でも青色申告に対応する有料オプションを備えたアプリもあるので、機能にこだわりたいという人は様々なアプリを比較してみましょう。

お金の情報入力方法で選択

お金の情報入力方法もアプリによって異なります。最も手軽で入力漏れやミスを防げるのは、金融サービスと連携し自動で取引内容を記録する方法です。これに対し、手入力やレシートを撮影するタイプは、入力を忘れたり間違えたりなどの可能性もありますが、セキュリティ面が不安という人は手入力のみで記録しやすいアプリを選ぶのもいいでしょう。

お金管理アプリの上手な使い方とは?

お金管理アプリの基本的な機能は「資産の把握」や「入出金の記録」ですが、アプリごと独自のサービスを展開しています。
証券口座と連携できるオプションや、キャラクターを用いた楽しく分かりやすいデザイン、さらに金融機関の提供するアプリでは、インターネットバンキングで利用できる口座を追加で開設できるものもあります。
資産運用に力を入れたい、家計管理をがんばりたい、複数口座でお金の管理をスムーズにしたいなど、用途にあわせてアプリを選ぶことが効果的な使い方につながるでしょう。

定期的な振り返りで家計改善に繋げる

定期的に資産状況の振り返りを行い、家計の収支の改善に役立てるのもいいでしょう。今月はなぜ出費が多かったのか、データから読み取ることができるようになります。資産状況振り返りのうっかり忘れがないように、毎月の収支データを通知してくれるアプリもあります。

夫婦や家族で共有し遺産形成の意識を高める

パートナーや家族と情報を共有できるアプリなら、共有する全員がいつでも現在の資産状況を確認することが可能です。例えば、夫婦が互いに家計や資産についてすぐに分かる状態にしておけば、不明な支出を防ぐと同時に、将来の資産形成に向けた意識向上につなげられるかもしれません。

アプリを使用してお金の管理を始めよう

多くの人の生活になくてはならないものとなったスマホ。その身近なスマホの「アプリ」を用いてお金の管理や資産の把握をすれば、普段のお金の使い方も自然と気を配ることができるでしょう。給与が振り込まれたときや大きな買い物をするときだけにお金のことを考えるのではなく、常日頃からアプリで資産状況をチェックして、自分の大切な資産を増やす意識を育てていきましょう。

関連記事

  1. 家族に相続税がかかるかもしれない
  2. 投資信託とは?⑥
  3. 投資信託とは?⑤
  4. インデックスファンドVSアクティブファンド
  5. 話題のビットコインについて
  6. 投資信託とは?③
  7. とりあえず迷ったらつみたてNISAはeMAXIS Slim米国株…
  8. ETF-QQQ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP