ブログ

投資信託とは?③

運用の世界でいうリターンは運用で得られる収益のことで、リスクとは損する危険という意味ではなく、マイナスを含めたリターンの変動(振れ幅)のことを言います、投資資産や投資地域などによってリターンやリスクは変わるため整理しておくことが重要です。

まず投資資産の違いについて説明しますと、代表的な投資資産は株式と債権です。

株式に投資するファンドは、一般的に値動きが大きく、リスクもリターンも高いことが想定されます。株式に投資するファンドは運用方針により「アクティブ型」と「インデックス型」に分けられます。

アクティブ型は、ファンドが定めた指標(ベンチマーク)より良い運用成果を目指して運用される投資信託です。インデックス型は、日経平均株価などの各種指標に連動する運用成果を目指して運用される投資信託です。

一般的にインデックス型はアクティブ型に比べて費用は低くなります。

一方、債権に投資するファンドは、一般的に動きが小さくリスクもリターンも低くなります。投資対象となる債権には、国や地方公共団体が発行する公債、企業が発行する社債などがあります。

運用初心者の段階では、債権に投資するファンドの方がリスクが低い分、比較的損出が小さくなって良いという考えがちです、ただし利回りも抑えられてしまうため、ここに関しては留意して取り組むことが必要です。なお低格付債などリスクが高い物があることも理解しておきましょう。

株式と債権で分類すると、株式を組み入れて運用する株式投資信託と、株式を一切入れずに公社債をメインに運用する公社債投資信託があります。

投資資産には、株式や債権以外にREIT(リート)という不動産投資信託もあります。REITは、投資家から集めた資金で複数の不動産を購入し、その賃料収入や売買益を分配する商品です。このREITに投資するファンドはREITファンドと呼ばれます。

また株式や債権、REIT以外の資産を投資収益の種な源泉とする投資信託や、異なる種類の資産を組み合わせた投資信託もあります。複数のファンドに対して運用するファンド・オブ・ファンズも代表的です。

・株式投資信託

投資対象に株式を組み入れる物

・公社債投資信託
株式を一切組み入れず、公社債をメインに投資するもの

・REITファンド
REITに投資するもの

・ファンド・オブ・ファンズ
複数の投資信託を投資対象とするもの

◆地域によるリスクやリターンの違いを説明
次に、投資地域による違いについて説明します。投資信託を投資地域で大きく分けた場合、国内か国外か、国内外となります。

海外は、欧米のような先進国や、エマージング国と言われる新興成長国で分けられます、先進国に投資信託した方が新興成長国のものに比べてリスクやリターンが低くなります。投資地域によってリスクやリターンの程度は異なります。

自分のプランに合わせしっかりと考えることが重要です。

関連記事

  1. そろそろ知らないと恥ずかしいつみたてNISAとは?
  2. やる方が得!ふるさと納税とは?
  3. 投資信託とは?①
  4. 話題のビットコインについて
  5. 円建て預貯金だけに頼らない生き方
  6. お金管理アプリとは?アプリ選びのポイントや上手な使い方
  7. 分配金再投資とは?
  8. 投資信託とは?④

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP