ブログ

ETF-QQQ

新型コロナの影響で今まで個別株に手を出していなかった人も手を出し始めたりしましたが、米国株では特にどのセクターに投資をしたかで明暗が別れています。特に良かったのは巣篭もりに絡む情報技術セクター、一方で小売や旅行関係はかなり株価が落ち込んでいました。
また個別株を買い付けていく中で大事なのがアセットアロケーションとポートフォーリオの概念ここが整えれないくらいの資金状態であれば米国ETFで調整していくのが最も簡単だと言えます。今回はその中でも優れたQQQというETFについてお話しします。

 

QQQはアメリカIT企業中心のETF

QQQ(トリプルキュー)は、アメリカのナスダック100指数で構成されるETFです。
例をあげると、マイクロソフト(MSFT)、アマゾン(AMZN)、アップル(AAPL)、フェイスブック(FB)、ネットフリックス(NFLX)など日本でもおなじみのIT関連銘柄が中心に構成されています。つまりはQQQを購入するだけで日本人におなじみのアメリカIT企業銘柄をセットで購入できてしまうと言う状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

≪画像元:Invesco

構成銘柄のほとんどがITとコミニュケーションサービスです。米国株と同様に大手ネット証券で投資可能です。

 

コロナでも勝ち組が集まるQQQ

IT関連が中心だったこともあり、巣篭もり銘柄やテレワークの影響で決算が好調だった企業が多いのです。Ce-Do-Laboでも紹介させていただいているS&P500は米国を代表するインデックスファンドですが、QQQよりも広い銘柄で構成されているためドルコスト平均法を用いた投資信託の買い方であれば良いですが、SPYを購入するよりはQQQの方が現状安定感が強かったと言わざるを得ない状況です。

QQQとSPYの比較

 

 

 

 

 

 

≪画像元:Yahoo!Finance
QQQとSPYの値動きの比較です。
コロナの影響で現金に需要が集まりたくさんの資金移動が起きた結果、2020年2月は大きく値下がりしました。
ただ3月中旬からQQQの上昇率は高かったと言えます。
アメリカ中央銀行はコロナショックに対してコロナショックに対して無制限の金融緩和政策をとっています。
巷ではことなバブルと呼ばれることもあるほどですので、QQQだけでなくSPYの株価も回復しています。市場にお金が流れるから、どのような銘柄でも株価は上がるという市況です。

しかし決算や業績を伴っているQQQの方が2020年は有利だと言えます。

ただあくまでQQQはバランスが取れたETFなわけではないので、S&P500をベースにしてQQQをサブで購入していくことが良いと言えます。

実際に取引する際は、各証券会社によって取引手数料は異なるので確認してみてください。
また為替手数料を考えると住信SBI証券を利用するのがもっとも安くすみます。(2020年10月27日現在)
日本からであればiFeeNEXT NASDAQ100で同様の投資信託を選ぶのも選択肢の一つでしょう。
ただ長期で投資を行う際は、手数料の問題でQQQの方が圧倒的有利になると言えます。

なお、QQQの定期購入に関してはSBI証券の定期購入サービスを利用するしかありません。

関連記事

  1. 家族に相続税がかかるかもしれない
  2. 円建て預貯金だけに頼らない生き方
  3. つみたてNISA×不動産のコラボレーション
  4. 投資信託とは?②
  5. 窓が開いた朝はトレードチャンス!
  6. 主婦でもできる株に投資するメリット
  7. とりあえず迷ったらつみたてNISAはeMAXIS Slim米国株…
  8. トレードするならFXより株!その理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP