ブログ

とりあえず迷ったらつみたてNISAはeMAXIS Slim米国株式

つみたてNISAに興味が出てきている方もたくさんいると思いますが、迷ったらまずはこれというのがeMAXIS Slim米国株式(S&P500)です。ではなぜこちらの株価指数がおすすめなのかを解説すると共にこの記事を読み終えた頃にはeMAXIS Slim米国株式をはじめても良いと思います。

S&P500とは?

『S&P500』とは、米S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が提供する、アメリカの代表的な株価指数です。米国の主要な上場企業500社の株価をもとに算出されており、その時価総額は米国株式市場全体の約80%をカバー。米国株式市場に投資する投資信託などで、ベンチマークとして幅広く活用されています。

S&P500との連動を目指す投資信託であれば、基本的にどのファンドもほぼ同じ値動きをします。従って、なるべくコストの少ないファンドを選ぶことが、利益を獲得する上で重要といえるでしょう。

ファンド名
純資産
(百万円)
信託報酬
(税込)
つみたて
NISA
運用会社
SBI・バンガード・
S&P500インデックス・
ファンド
18,209 0.0938% SBIアセットマネジメント
eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
54,058 0.0968% 三菱UFJ国際投信
つみたて米国株式(S&P500) 1 0.2200% 三菱UFJ国際投信
iFree S&P500 インデックス 7,887 0.2475% 大和アセットマネジメント
NZAM・ベータ S&P500 7 0.2673% 農林中金全共連
アセットマネジメント
農林中金<パートナーズ>
つみたてNISA米国株式
S&P500
1,877 0.4983% 農林中金全共連
アセットマネジメント
農林中金<パートナーズ>
米国株式 S&P500
インデックスファンド
191 0.6083% 農林中金全共連
アセットマネジメント
iFreeレバレッジ S&P500 765 0.9900% 大和アセットマネジメント

※2020年3月16日時点

コストで選ぶならSBI

2020年3月16日時点でもっとも信託報酬の少ないS&P500連動の投資信託は、SBIアセットマネジメントの『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』です。信託報酬は、年間で税込み0.0938%。100万円を運用したとしても、かかるコストは年間たったの938円です。

純資産残高は、182億900万円と第2位にランクイン。2019年9月の設定日から1年程度しか経過していないにもかかわらず、多額の資金を集めています。

唯一の欠点は、SBI証券でしか購入できないこと。SBI証券の口座を持っていない人で、低コストなS&P500連動の投資信託を購入したい場合は、今回メインでおすすめする『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』を検討するといいでしょう。

純資産残高で選ぶなら:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』の次に信託報酬が少ないのは、三菱UFJ国際投信の『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』です。信託報酬は、年間で税込み0.0968%。『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』と比較しても、遜色ない低コストぶりです。

純資産残高は540億580万円と、2020年3月16日時点でもっとも運用残高の多いS&P500に連動する投資信託です。より多くの人が資産を預けている観点から、人気のファンドといえるでしょう。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズは、業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンド・シリーズです。今後も引き続き、比確的安い信託報酬での運用が期待できます。

トータルでは、、、?

・S&P500は米国株式市場を代表する株価指数で、時価総額の約80%をカバー
・S&P500との連動を目指す投資信託にはそれぞれ特徴がある
・つみたてNISAで投資できるS&P500の投資信託は現時点で6本

もちろんお手持ちのクレジットカードや貯めているポイントにもよりますが、ほとんどの人にとってつみたてNISAを行うのであれば、6本のうちeMAXIS Slim米国株式を楽天証券でポイントを貯蓄しながらやっていくのが良いでしょう。楽天証券では毎月5万円までクレジットカードで証券口座に入金することができつみたてNISAの限度額分は全てポイントを付けながら運用することができます。

楽天証券で楽天カードを使って積立投資を行うメリットはなんと言っても、1%分の楽天スーパーポイントを獲得できることです。上手に楽天経済圏を作り込んでつみたてNISAも成功させていきましょう。

楽天経済圏に関してはまた別途別の機会にお話させてもらいます。
また、よりお得な積立方式である海外積立の話も追々させていただこうと思っています。

関連記事

  1. 個人バランスシートとは?
  2. つみたてNISA×不動産のコラボレーション
  3. 投資信託とは?⑦
  4. 主婦でもできる株に投資するメリット
  5. 投資物件とは?
  6. トレードするならFXより株!その理由とは?
  7. 投資信託とは?②
  8. 投資信託とは?⑥

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP