ブログ

トレードするならFXより株!その理由とは?

トレードは守りが大切!

『トレードに挑戦してみたい!』
『トレードで一攫千金を狙いたい!』
おそらく、誰しもが一度は思うことではないでしょうか?

結論から言うと、いきなり資金が1ヶ月で何倍にもなることはほとんどありません。
それどころか、短期間で一攫千金を狙う人の99%は全資金を溶かして退場します。

大切なのは、長期的に稼ぎ続けること。攻めよりも守りを大切にすること。
月利100%(1ヶ月で2倍!)を狙ってギャンブルするよりも、堅実に月利20%を狙うトレーダーが長期的に稼ぎ続けます。

月利20%と聞くと、小さい額のように思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
複利の力は本当に偉大です。

1ヶ月で1.2倍
2ヶ月で1.44倍
3ヶ月で1.73倍
4ヶ月で2.07倍
5ヶ月で2.49倍
6ヶ月で2.99倍
7ヶ月で3.58倍
8ヶ月で4.30倍
9ヶ月で5.16倍
10ヶ月で6.20倍
11ヶ月で7.43倍
12ヶ月で8.92倍
13ヶ月で10.70倍

つまり、資金を100万円とすると
1年ちょっとで1,000万円になります。

このように、トレードは1年間でエリートサラリーマンの年収並に稼げてしまうポテンシャルを秘めているのです。

ここまででお伝えしたかったのは

・長期的に稼ぎ続けることが大切
・月利20%でコツコツ運用して年間10倍を目指そう

というお話でした。

 

株 vs FX

結論、FXよりも株を選択すべきです。

実際に、株トレーダーとFXトレーダーを比較すると
「破産者の多くがFXトレーダーで、億トレーダーの多くは株トレーダー」
というデータが出ています。

また、FXは難易度が高く、プロの機関投資家ですらリスクに見合ったリターンが得られないとして、為替特化型ファンドはほとんど絶滅しました。

トレード界の有名人「CIS氏」も「トレードの難易度は指数先物>為替>株式現物」とおっしゃっています。
尚、仮想通貨もオススメしていません。自分にはわからないこと(不確定要素)が多く、運次第だからです。

そして、なぜ株式投資をオススメするか?
をこれから説明します。

最初にも言ったようにトレードにおいては「守り」が本当に大切です。
なので、「10万円を短期間で100万円にするぞ!」という発想は本当にやめた方が良いです。
最低でも50万円、できれば100万円以上の資金を元手にコツコツ増やしましょう。
(10万円からスタートでも構いませんが、10万円を12万円にしても労力をかけた割りに得られる額が少なく、コスパが悪いです。)

「守り」とは資金管理のことで、1度の負けで資産の3%(多くても5%)までに損失を抑えることが長期的に稼ぐコツです。
(資金が100万円なら、一度の負けで3万円以上は損しないようにする。)

一方、一夜にして大損する人の特徴として「レバレッジを使っている」人が多いです。
レバレッジとは日本語にすると「てこ」で、本当は資金が10万円なのに “資金が200万円ある仮定して” トレードをすることです。
(この場合、レバレッジ20倍)

このように、自分の資金にあっていない額を賭けるという行為が一夜にして資金を溶かす最大の要因です。
なので、レバレッジを用いてトレードをするFXよりもレバレッジを用いずにトレードができる株がオススメです。

 

また、株には「ストップ安」というものがあり、1日に動ける値幅が下図のように決まっています。
つまり、株価が急激に下がることはありません。
例えば、1株350円の銘柄だと どれだけ下がっても270円より安くはなりません。

運任せのギャンブルではなく、長期的に稼ぎ続けたいという方はまずは「株式トレード」に挑戦してみることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 個人バランスシートとは?
  2. 円建て預貯金だけに頼らない生き方
  3. 投資信託とは?②
  4. 節税‼︎役に立つ5つの控除制度
  5. 窓が開いた朝はトレードチャンス!
  6. 投資物件とは?
  7. ETF-QQQ
  8. とりあえず迷ったらつみたてNISAはeMAXIS Slim米国株…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP