ブログ

話題のビットコインについて

日経平均が高値を更新!
米国が大規模な金融緩和を行ったことでドル安が進む!

このようなニュースと並ぶ投資の情報に最近では、ビットコインが高騰という文字が並ぶようになってきました。
本日はビットコインがどこまで上がるのか?という記事がたくさんある中でどのように動くのが良いのかについてお話しいたします。

結論

資産残高がない状態でかつ他の投資をしていない人が飛びつくものではない。
これがCe-Do-Laboが伝えたいメッセージです。どのような記事が上がっているかは以下に引用させていただきながら説明させていただきます。

ビットコインはどこまで上がるのか?

ビットコインがどこまで上がるかのメド

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは、コロナショックでの安値約50万円から2020年秋には3倍以上に跳ね上がりました。コロナ禍の社会における安全性やインフレヘッジとしての魅力も注目を集め、大企業や機関投資家も投資し始めた結果と思われ、かつてのブームとは一線を画す存在になったと言えるでしょう。

こうなってくると、「ビットコインは一体いくらまで上がるのだろう?」「いくらまで買われても不思議ではないのだろうか?」「いくらになる可能性があると予想されているのだろうか?」と気になるところです。今回は、いくつかの予想や見通しを紹介し、ビットコイン価格がどこまで上がれるのか?のメドをご案内します。

本質的な価値の裏付けはあるのか?

まず、そもそもとしてビットコインに本質的な価値の裏付けはあるのでしょうか?かつての「金本位制」のように国が自国通貨と金との交換を保証したり、株式のように企業の収益や純資産等が目安となったり、資産としての価値を推し量る手段は様々です。ビットコインにもJPモルガンのアナリストがビットコインの採掘コストから本質価格を算出している例も見られますが、一般的には分かりやすい本質的な価値の裏付けは無いと考えられています。
ビットコインの本質価値 仮想通貨採掘コストから算出=JPモルガンアナリスト(COINPOST)

「本質的な価値の裏付けがないものに高い価格が付いているのか?」と思うかもしれませんが、ウォルト・ディズニーやコカ・コーラを上回る約34兆円もの時価総額となったビットコインは、すでに世界中の投資家などから「それだけの価値があるもの」として認められていると言えるでしょう。

ビットコイン 約3,273億ドル(約34兆円)
ウォルト・ディズニー 約2,611億ドル(約27兆円)
コカ・コーラ 約2,306億ドル(約24兆円)

時価総額:2020年11月17日現在

ユーザー5000万人時代のFacebookに投資をするようなもの

しかし、「その価格が妥当なのか?」となると、判断基準や目安が無いわけです。そういう意味では、極端な話1円でも1兆円でもおかしくありません。ビットコインの価格は人々が「今はこれくらいが妥当だろう」という水準にあるというものにすぎません。株式等のようにファンダメンタルズから割高割安と言いづらいのです。

それでも、ビットコインの将来の価格予想は様々な方法で行われています。米国トップクラスの投資信託の運用販売会社であるフィデリティは、今ビットコインに投資をすることは今日では20億人以上のユーザーを抱えるFacebookに5,000万人のユーザーしかいなかった頃に投資するようなものだと述べ、ビットコインの価格が2024年までに28万8,000ドル(約3,000万円)と予測している「Stock-to-Flowモデル」を紹介するなど、その投資妙味をレポートしています。
BITCOIN INVESTMENT THESIS ~AN ASPIRATIONAL STORE OF VALUE~(Fidelity DIGITAL ASSETS)
Bitcoin Stock-to-Flow Cross Asset Model(PlanB)

ビットコインは数年後に20倍近くに

アップル 約2.0兆ドル(約211兆円)
アマゾン 約1.6兆ドル(約164兆円)
グーグル 約1.1兆ドル(約116兆円)
フェイスブック 約6,610億ドル(約69兆円)
ゴールド(金) 約9兆ドル(約941兆円)
ビットコイン 約3,273億ドル(約34兆円)

時価総額:2020年11月17日現在

アップルに匹敵すれば1138万に!

そもそも株式とゴールドや暗号資産(仮想通貨)は性質が異なりますから単純に規模を比較するものではないかと思いますが、ビットコインがいきなり20倍だ、GAFAと同じだと言われてもピンとくるものではありませんね。ただ、それくらい有望な未来が考えられているということで、その詳しい背景については「安全資産とは何か?コロナ禍における資産形成の新潮流」もご参照ください。

ちなみにビットコインの現在の価格は、17,645ドル(約184万円)です(2020年11月17日時点)。GAFAと同じと行かなくても、その中で一番時価総額が大きいアップルの時価総額約2.0兆ドル(約211兆円)を仮に目安とするだけでも、ビットコインの時価総額は約6.2倍です。単純計算で約11万ドル(1,138万円)という価格になります。「そんなに価値があるのか?」と思うかもしれませんが、たとえ1円でも1兆円でも割安割高とは言い切れないということを思い出してください。

ここではあくまでビットコインの価格が上昇するとすればどれくらいまで考えられるか?という視点で金融機関のレポートや巨大企業の時価総額との比較を行いましたが、もちろん必ずそのように上昇するというワケではありませんし、投資にはすべからく様々なリスクが含まれることを忘れてはいけません。その上で、ご自身の資産運用にビットコインを活用する価値があるかどうかを、じっくりと考えてください。

(引用:https://zuuonline.com/archives/223482)

考察

こちらが2020年の11月17日時点での記事ですが、2020年1月18日現在ビットコインの価格は約372万円まで更新しています。
投資初心者の方の多くが、買っておけば良かったとの後悔をするような値上がり率です。
一方で普段から市場を観察している投資家の多くは、ビットコインを保有するのは持っても5%〜20%だとしている人が多いです。
これはなぜでしょうか?

理由は明確でまだ安定性がなくボラティリティが高いビットコインは投資家からは”投機”だと思われているからです。
テクニカルチャートを分析して行うデイトレードなどの専門家などの煽りやビットコインを利用したサービスを展開する方の煽りで安易にビットコインを
買い溜めるのは僕はまだ危険だと思っています。逆に少しだけビットコインも保有しておこうかな?という考えなら良いのでは?と思うかもしれませんが
この記事を読んでくださってる方の多くが投資初心者だと思いますのでそのようなものは不要です。

理由は明確で2倍に伸びる銘柄なんて株式市場には日々お宝のように眠っているからです。
今しかないチャンスでもありませんし、今しかないチャンスにしようと思えば今あなたが持つ資産を全て投入という極端な話になるからです。

だからこそまずは長期投資で基盤を整えながら金融リテラシーを向上させ、確実な取引が行えるようにしていくことをお勧めします。

関連記事

  1. やる方が得!ふるさと納税とは?
  2. ETFとは?
  3. トレードするならFXより株!その理由とは?
  4. 窓が開いた朝はトレードチャンス!
  5. 円建て預貯金だけに頼らない生き方
  6. つみたてNISA口座の気をつけるべき9のルール
  7. 投資信託とは?④
  8. 個人バランスシートとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP