ブログ

円建て預貯金だけに頼らない生き方

現在の日本人の現預金が総額いくらか知っていますか?

その額なんと875兆円
日本人は、円建て預貯金が資産を保全するのに最も安全な方法だと思っています。
しかしながらプライベートバンクを利用するような富裕層の世界ではこれは非常識でしかなく、資産形成、資産運用に関してはリスクヘッジをすることが基本中の基本であることから必ずBS(貸借対照表)には必ず外貨資産を混ぜることが通説です。

これは一般人だから関係ないとかそう言った話ではないので、まず預貯金に含まれれるリスクについて整理しておきましょう。

銀行倒産リスク

金融機関が倒産した場合、保証される個人の銀行預金は1000万円までそれ以上の預金はリスクでしかない。
現在の日本の定期預金金利0.01%というところを考慮しても見返りは1億円預けて年1万円しかない中で預けるメリットが薄いとしか言いようがないのが現実。

インフレリスク

インフレについては、僕が行うセミナーでもよくお話しさせてもらいますが預金はインフレに対応しない資産です。
その中で過去に起きた日本のインフレについてこの記事では言及します。

第二次世界大戦後、国の借金が膨張し国民の資産は没収されました。(インフレによる債務価値の実質減少と預金封鎖)
この時助かったのは現物資産を持っていた人たちだけが大損をするのを避けることができました。

預金封鎖が起こった1946年同様、現在の日本の国債の発行数はGDPの2倍です。
またそれを返済していく労働者は少子高齢化も相まって減少していく一方です。今後第二次世界大戦後のようなことが起きなくもないことを想定すると円建て預貯金だけの保有はリスクヘッジがなにもできていない状態と言えるでしょう。

富裕層の種類

相続型の富裕層

インフレリスクについて周知されており、多かれ少なかれインフレに対応した資産を保有している方が多い。
結果としてバランスの取れたポートフォーリオを組んでいることが多く、子孫にも安定的に資産を残していける可能性が高い。

成り上がり型の若手富裕層

日本でインフレが起こることを軽視し、インフレ対応する資産を保有する率が少ない傾向。

問題なのが、日本国民の大半が後者の考え方

長らくインフレとの付き合いが薄かった日本国民はインフレに対する考えが未熟で、今後の日本でインフレが起こることをまるで考慮していない状態。現物資産の保有や外貨の保有など分散させたポートフォーリオを一国民のレベルで保有していくことの重要性を知っておく必要があります。

Ce-Do-Laboでは、インフレ対応資産にどのようなものがあるか?
今後生きていく中でどのようなことが起こりうるかを丁寧に解説させていただいています。
皆さんも他人事だとは思わず気になることがあればいつでもなんなりとお申し付けください!

関連記事

  1. トレードするならFXより株!その理由とは?
  2. 投資信託とは?③
  3. やる方が得!ふるさと納税とは?
  4. みんな知ってる?マイナポイントについて
  5. インデックスファンドVSアクティブファンド
  6. 節税‼︎役に立つ5つの控除制度
  7. 家族に相続税がかかるかもしれない
  8. ETFとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP