ファイナンシャルデザイン事業部

ファイナンシャルデザイン事業部

弊社のメイン事業であるファイナンシャルデザイン事業部は、顧客の金融リテラシーの向上と共にファインナンシャルアドバイザーとして半永久的にサポートさせていただきます。刻一刻と変化していく情報に対して弊社の専門スタッフや外部の企業及びプライベートバンカーとの連携により弊社運営のオンラインサロンCe-Do-Laboを通じて最新の情報をお届けして参ります。現在の日本の金融リテラシーは乏しく多くの新興国よりも金融の知識が低いことで有名です。その結果陥る状態が幸福度の低下というのが現在の日本の現状です。

日本国内においては、2019年のメイントピックスでもあった金融庁2000万円問題をはじめ、年金制度の崩壊、終身雇用の限界、退職金の年々の減少など経済状況は以前として明るくありません。その対策として金融庁が用意した非課税運用制度である「つみたてNISA」や「NISA」の認知度は就業人口の60%を越したのにも関わらず、NISA口座の開設数は1209万口座、つみたてNISAの口座開設数は274万口座となっている現状です。(2020年9月末報告:金融庁)これは全就業人口の21%程度に当たりますが一般NISAを利用している人は比較的現在の資金に余裕があり、また元々投資をしていた人が多く現在のキャッシュフローに大きな余裕がなくつみたて投資を行うべき層には依然として声が届いていないのが現状です。

弊社としては、Missionである身内にこそ販売したい商品の提案を軸として顧客に対して徹底的に投資情報におけるサポートを行っております。弊社のサービスではヒアリングから顧客のキャッシュフローシート、バランスシートの作成を行い今後の投資方針を含めたライフプランニングを行っております。弊社のコンサルティングチームは顧客還元のために、国内で最安レベルの手数料でサポート提案を行っております。また顧客にとって一番難しいのは運用を始めるまでのフェーズではなく情報伝達の早い現代での投資期間中や取り崩し期における出口戦略にあります。その本質を捉え弊社ではCe-Do-Laboを通じて最新情報をいち早くお届けすることをお約束します。

PAGE TOP