ブログ

今すぐやるべき災害対策 マイホームが被害を被らないために

日本が抱える災害のリスク

我々日本に住む人なら切っても切れないのが「地震」などの自然災害です。

日本はその立地から他国と比べても災害が多い国です。

日本は島国で周りを海に囲まれていますので、津波のリスクや気候や気圧のせいで雨が多く降る地域でもあります。

また

  • 国土面積が狭い
  • 山(特に火山)が多い
  • 日本はちょうどプレートの境目の上に位置している
  • 自身はプレートの動きが原因ではっせいするのでその影響をもろに受けやすい

と災害とは切っても切れない環境にあることがわかります。

日本南東の会場では台風の基となる低気圧が発生しやすいその低気圧が北上してくるため日本を横断ないし近くを通りかかります。

夏は高気圧が、冬は冷たい空気の層がバリアのような役割を果たしているため、上陸の可能性は少ないですが、暑さ寒さが和らいでくるとバリアも弱まるため、上陸する数が増えることになるわけですね。

二次災害も警戒すべきです。どんどんコンクリートの家が増えてるが、まだ木造の家も少なくないし、家が密集してるので火事のリスクが高いし、山が多いので雨が降ると地崩れなど土砂災害が起こる確率が上がってしまうでしょう。

このように日本は災害が多い国なので、そこに住む私たちはいつ被害を受けてもいいように準備する必要があります。

災害が起こる前に

いざというときに対処する術がなければ、自分の命にもかかわってくる

適切に対処できるように今のうちから準備は怠らないようにしたい

何を準備しておけばいいかまとめた

家具は固定しておく

家具には重いものも多く、食器棚やタンス、冷蔵庫など持ち上げるのも一苦労な重さのものも少なくありません。地震で家具が倒れてきて、そのまま下敷きになってなくなってしまった人など、家具が原因で亡くなった人やけがをした人がかなりの数います。

そんな事故が起きないように、家具は動かないよう固定するのがいいでしょう。

金具で壁に打ち付けたり、滑り止めをくっつけたり、中のものがあふれ出ないよう鍵をしっかりと掛けたり。

普段の生活でも倒れてくるリスクはあるのでめんどくさがらずに対処していきましょう。

食料・生活用品の備蓄

人が生きていくために最も重要なものが食料です。

乾パン、缶詰、レトルト、ビスケットなど保存のきく食料と水を、家に住んでる人数×1週間は持つ量を保存しておきましょう。

また、どれだけ保存がきくからといっても、期限は存在します。期限が過ぎてしまった食料は、そのまま置いておかずにちょくちょく消費するようにしましょう。

食料以外にも、トイレットペーパーや簡易トイレ、マッチやランタンなど文化的な生活に必要なものも一緒に用意しておきたいです。飲むための水とは別に体や汚物を洗うための水も用意しておきたいところ。

持ち出しバッグの準備

せっかく食料などを準備しても、外に持ち出せなければ意味がありません。

リュックサックなどに詰めておき、いつでも簡単に持ち出せるようにしておきましょう。

食料や生活用品の他、電池や携帯の充電器、身分を証明できるものなど必要になりそうなものを並行して準備したいですね。

予備資金の用意

災害にあったら仕事なんてできません。もちろんお給料ももらえなくなりますし、銀行やATMが機能する保証はありません。しかしお金はいつでも必要になるものです。なのであらかじめいくらか現金化して用意しておくのをオススメします。できる事なら、一年分生活できるくらいのお金は準備しておきたいところです。

家族や友達と安否を確認する方法

自分の身の安全を確保したら気になるのは離れたところにいる大切な人の安否ですよね。

大切な人がもしかしたら死んで(ケガして)いるかもしれないという心理状態で受けるストレスはかなりのものになります。気分が滅入ると普段できることもできなくなり、食べ物も受け付けなくなります。災害時にそうなってしまったら致命的です。

自分を安心させるためにももしもの時の連絡方法について今のうちによく話し合っておきましょう。

そうすれば、安心できるだけでなく絶対に再会しなければと、生きる活力にもなります。

避難場所・避難経路の確認

災害の種類によって、どこに避難すればいいか、そこまでどうたどり着けばいいかなど変わってきます。

国土交通省が災害ごとにハザードマップを作成しているのでちゃんと確認したうえで避難計画を立てていきましょう。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

もしもの時の情報収集の手段

情報は災害を乗り切るために必須のモノになります。

東日本大震災が起こったときもTwitterなどのSNSが情報伝達の手段として大いに活躍しました。

家族や友人が同じSNSをやっていたら自分は無事だと発信することができますし、向こうとの連絡手段にもなります。また、避難に有効な情報(道ががれきでふさがってしまったなど)も流れてきたりするのでSNSは避難中の生命線といえます。

災害が起こってしまったら

さて、ここまで準備しても災害がなくなるわけではありません。

いつかは必ずやってきてしまいます。では、被害にあったらどう動けばよいのか。

避難所などに避難出来た後の動きについてまとめました。

被災した時受けられる支援制度

災害が起こったとき、一番被害を受けるのはどこでしょうか?

それはあなたの家を含む不動産です。

家が倒壊、一部でも壊れてしまったら、直す費用は馬鹿になりません。被災してお金が足りなくなるのでなおさらです。

そんなときのために被災した人を対象にした支援制度があります。

被災者生活再建支援制度 ・自然災害によって被害を受けた場合

・自宅が全壊した時には100万円

・大規模な半壊の時には50万円

・家を新たに建設・購入するなら200万円

・補修なら100万円

・賃貸に住むなら50万円

国と都道府県から条件に合った支援金を受け取ることができる(家が全壊して一から立て直すときには100+200で300万円受け取ることができる)

災害救助法に基づく住宅の応急修理制度 ・自宅が大規模な半壊、半壊の被害を受けた時

・居間、台所、トイレなど日常生活に必要最小限の部分を応急的に修理するときに利用できる

・修理にかかった費用を自治体が代わりに業者に払ってくれる

・一世帯当たり52万円まで(自治体によって変動あり)

災害援護資金(貸付) ・自宅の家財の3分の1以上が損害を受けた場合、以下の条件に当てはまる世帯主が対象

1.災害によって、お住いの都道府県内で災害救助法が適用された市区町村が一つ以上ある

2.世帯主が災害により負傷し、その療養におおむね 1 ヵ月以上かかる

3.家財の3分の1以上が被害にあった、住居が半壊または全壊、流出した、のいずれかの被害を受けた

・世帯の人数によって所得制限あり

・借りられる金額は上限150万円(1か月以上の負傷がある場合は250万円)

・自宅が半壊か全壊か、家財の損害がどの程度かに応じて、貸付限度額が変わる

支援制度の他にも経済的な負担を軽くするため税金にも軽減措置が入ります。

雑損控除といい、詳しくはコチラの「住宅ローン控除の仕組みは?」の欄を参照してください。

慣れない避難所生活

避難所には、被災した人々が集まり、事態が落ち着くまでともに生活していくことになります。

老若男女問わず一か所に集められるので自分のプライベートスペースなど無いに等しく、雑魚寝することになるのでお世辞にも生活環境がいいとは言えません。

そんな生活を乗り切るためには、それぞれが思いやり、助け合っていくことが重要になってきます。

避難所生活は住民が自主運営していくことになります。リーダーや食料班、清掃班、医療班に分けられそれぞれの仕事をしていくことになります。動きづらいお年寄りや小さな子供、障がい者もいるので、人任せにしたりせず、自分が率先して動くようにしましょう。

避難所生活で重要になるのが支援物資です。何人もの人間を生き延びさせるためには大量の食糧や生活用品が必要です。しかし、道路状況などで満足に支援が行き届くとは限りません。そんなときは各家庭で備蓄している物資を分け合っていくことが必要になってきます。

避難所生活で気を付けておきたいのは衛生管理です。水道などのインフラはほぼ機能しないといっていいので、貴重な水をどう使うかが重要になってきて、トイレ、お風呂、歯磨きなどなど毎日できるとは限りません。

そんな状態では病気にかかる可能性も上がりやすいので、自分の健康管理には十分に気を付けていきたいです。

日常を取り戻すために

それまでの生活に戻るためには多くのお金が必要になってきます。

個人で支払うには限界があるでしょうし、国からちゃんと支援を受けるためにも「自分は被害を受けました」と証明する書類が必要になります。それが「り災証明書」です。これは各支援制度を受ける上で提出が義務付けられている大切な書類なので忘れずに発行しましょう。

壊れた自宅を解体・補修する場合、上記にもある通り「被災者生活再建支援制度」を受けることができます。基礎支援金と加算支援金で構成されているのですが、条件が頻繁に変更されるのでちょくちょく確認しておきたい所です。

保険に入っているなら保険金の申請も忘れないように。必要な書類も事前に準備しておきたいですね。

さいごに

ここまで災害が起こる前と後でやるべきことを纏めましたが、災害はいつ起こるか誰にもわからないので対応はどうしても後手に回ってしまいます。

被害をゼロにするのは難しいので、どれだけ被害を軽くできるかの勝負になります。

対策は後回しにしたりせず、明日来てもいいように準備をしておく必要があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP