ブログ

ZEHとは?補助金がもらえる!?簡単に解説!【2020年版】

環境に優しい住宅、ZEH

快適に省エネできる家として、「ZEH(ゼッチ)」と呼ばれる住宅が徐々に増えてきています。

ZEHとはZero Energy Houseの頭文字をとったもので、
正式名称は「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」です。

エネルギー問題は今の日本に早急に解決するべき問題の一つです。
そのための方法の一つとしてZEHが注目されています。

エネルギーを節約する

ZEHの最大の特徴が「高断熱」です。
普通の家だと、暖房や冷房をつけても壁から熱を逃してしまうので、余計なエネルギーが必要になります。
一方、ZEHは壁から熱を逃さず、「夏は涼しく、冬は暖かい」という快適かつ環境に優しいです。

さらに、省エネタイプのエアコンや、少ないエネルギーでお湯を沸かせる高効率な給湯システム、消費電力の少ないLED照明などの導入を行い、省エネに貢献します。

エネルギーをつくる

ZEHでは、エネルギーを節約すると同時に、太陽光パネルなどを設置してエネルギーをつくります。

簡単に言うと、ZEHは「使うエネルギーよりも作るエネルギーの方が多い環境に優しい家」です。

 

 

ZEHのメリットは?

光熱費を抑えることができる

ZEHの設計そのものが光熱費の削減を目標にしたものなので、その効果についてはお墨付きです。

使用する量より発電する量のほうが多い際、余ったエネルギーは電力会社に買い取ってもらうこともできます。光熱費の収支がマイナスではなくプラスに代わってしまう可能性もあります。

さらに、省エネによって地球の環境保全に貢献することもできます。微力かもしれませんが、こうした1人1人の積み重ねが大きなものになります。

 

自宅が快適な温度に保たれ、健康管理もしやすくなる

住宅の壁の断熱性能を高めてあるため、外の気温の影響を受けにくくなっています。その恩恵を最も感じるのは冬の時期でしょうか。通常の家だと、冬の寒い朝、暖かい布団から出たいとは思わないでしょう。

その点ZEHなら、冬でも一定の温度を保つことができ、快適な朝を迎えることができます。
夏は冷房で体を冷やすこともないので、おなかを下したり、風邪をひくことも防ぐことができます。

 

災害で停電が起こってしまっても、電気を使うことができる。

太陽光発電システムを導入していれば、万が一の停電時にも非常用コンセントから電気を使うことができます。

ZEHが作られるきっかけとなったのが、東日本大震災です。あの時、電気がなく、苦労したことを受けて、住宅一つ一つで発電できるようにZEHが考えられました。電力供給を外部に依存することなく、台風や地震で送電線が切れてしまったりしてもいつも通りの生活ができるようになっています。

こうして人類は、災害のたびに一歩ずつ進歩しています。

※蓄電池の設備がないと電気を貯めて置けないため、曇りなど太陽が出ていない天候の時は電気が使えなくなります。日が出ていてもパネルや分電盤などに異常があればその時も電気は使えなくなってしまいます。

 

エネルギーの使用量が確認できる

ZEH住宅には、HEMS(ヘムズ、Home Energy Management System)と呼ばれるエネルギーの一括管理と制御のシステムがあります。

家庭の電子機器とつないでそれぞれのエネルギーの使用状況を目で確認できるようにしたり、各機器をコンピュータが自動で制御することで無駄な電力を消費することを防ぎ、省エネに貢献します。

例として、エコキュートでエネルギーを抑えながら風呂を沸かしたり、エアコンの温度を自動で調節してくれたりします。消費電力を抑えようと思っても人の手だとどうしても無駄が生じてしまうものです。そこでコンピュータに任せることで効率的に省エネすることができるのです。

 

 

ZEHでは補助金を申請すると初期費用の負担を減らすことも!

おそらく、これが最も大きいメリットではないでしょうか。

環境省・国土交通省。経済産業省が共同して、普及に取り組んでおり、2015年に開催された地球温暖化防止を話し合う会議(COP21)にて、日本は「2030年にCO2排出量を2013年比で26%削減する」と約束しました。

そのための施策の一つとなるのがZEHです。環境保全に協力してくれたお礼として、国から補助金を受け取ることができます。

 

ZEHにも3ランクあり、ランクによって60万〜115万円の補助金を受け取ることができます。

さらに「先進的再エネ熱など導入支援事業」として、省エネのための建材・設備に対して+αで最大90万円の補助金を受け取ることもできます。

補助金の受け取りを考えている人は、事前に応募要項に目を通し、書類の準備やスケジュールの確認を怠らないようにしましょう。

 

 

ZEHのデメリットは?

設備に余分に費用が掛かる

太陽光パネルや断熱材など、通常の住宅よりも多くの材料が必要になり、その分支払わなければならない費用も大きくなっています。

具体的には初期費用で通常の住宅より200~300万ほど上乗せでかかってきます。
補助金によって60〜200万円ほどカバーできる上、電気代の節約を考えると、長期的には通常の家と大差はありません。

 

外観や間取りに制限がついてしまう

太陽光パネルは屋根に付ける必要があります。他にも日の当たる量や崩れてこない安全性も考慮しなければならず、

屋根の形や角度、ひいては外観や間取りにまで制限がかかる可能性があります。例えば十分なエネルギーを確保しようとすると、どうしても太陽光パネルは大型になり、屋根の形が希望通りになるとは言い切れません。

 

太陽光発電なので、天候によって発電量が増減する

ZEHに限らず太陽光発電全体の短所で、天候に発電量を左右されてしまい、安定した供給が望めない所があります。

蓄電池が備わっていれば、快晴の時にエネルギーを貯めておいて、別の日に回すこともできますが、そうでない住宅はそれができないので辛いです。梅雨の時期などは雨続きであまり発電できないかもしれません。

また、電気の買取についてもその買取金額は年々減少傾向にあり、今後も減少していく可能性が高いです。

さらに、電気の買取期間に期限が存在することも知っておいてください。「住宅用太陽光発電の余剰電力の固定価格の買取期間は10年間」と定められており、契約内容によっては、10年経ったら買い取ってくれる業者を自分で探さなければならない事もあります。

 

 

さいごに

初期費用が掛かったり、天候に左右されたりするデメリットはありますが、自分にとっても地球にとっても良いものであり、その価値は十分にあると思います。

首都直下巨大地震・南海トラフ大地震がもうすぐと叫ばれる中、これからマイホームの購入を考えている人はZEHで建てる事を検討してみてもいいかと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP