ブログ

賃貸or戸建て これからの世の中、より多く得をするのはどっち?比較してみた

マイホームを購入するときに賃貸にするか、一軒家にするか選択を迫られると思います。

この記事ではあなたが選択を迫られたとき、しっかりと自分に合った選択ができるようにそのお手伝いとして、
賃貸と一軒家、それぞれの特徴とメリットデメリットについてまとめました。

賃貸について

賃貸は誰かが家賃を取って貸し出している物件を指します。

賃貸の中でもいくつか種類が分かれており、マンションかアパートか、分譲か一棟買いか、などなど条件はいくつもあります。

最大のメリットはやはり、フットワークが軽い事です。

就職、転勤、結婚、出産などなど、ライフスタイルに合わせてその時に合った条件の物件に住むことができます。

また、ローンを組んだりしない分、一軒家よりも住むために必要な手続きが楽にできます。

物件の持ち主は大家さんなので、もし備え付けの設備が故障しても、住んでいる人ではなく大家さんが修繕費を出して修理することになります。

火災などで部屋に損害を受けても自分に原因がない限り、保証の必要はありません。

デメリットとしては、住んでいる限り家賃を支払わなければならないというのが一番大きなデメリットといえます。

若い頃はまだ気にならないかもしれませんが、老後の事を考えると、月に何万円と取られるのは大きな痛手になります。

物件は自分のものではないので、気に入らないところがあっても手直しすることができませんし、もし傷つけた場合、退去時に修繕費用を支払わなければなりません。

メリット

デメリット

・一軒家より楽に住み替えができる

・自分のライフスタイルに合わせて住む物件を選べる

・一軒家を買う時より手続きが楽でローン審査もない

・地震や時価変動などによる不動産の資産価値を考えずに済む

・設備の修理代を基本的に考えずに済む

・家賃を住んでいる限り一生払い続ける必要がある

・画鋲を指したり、壁紙を変えたり、リフォームできない

・ファミリー向けの物件が少ない

・自分の資産にならない

・税金の面で優遇措置がない

一軒家について

一軒家には2種類あり、土地に建物が立っている状態で売りに出されている建売住宅と自分の想像をもとに一から家を建てることができる注文住宅に分かれます。

建売の場合はすでに家が建っているので内見ができ、住んだ時のイメージを立てやすいです。

逆に注文住宅の場合は、図面のみで想像しないといけないため、建設後に想像と違うことになるリスクが付いて回りますが、自分の好きなように間取りや家電・家具の置き場所など好きなように決めることができます。

一軒家のメリットはその物件が自分のものになる事です。

自分のものなので、内装もリフォームも自由自在、もし転勤などで遠い地へ引っ越さなければならなくなった場合、売りに出して資金に変えることができます。

 

メリット

デメリット

・資産になる

・自由に内装をいじることができる

・新築の場合一定の耐震性や省エネ性を兼ね備えている

・住宅ローンを払い終えたら経済的負担が大幅に楽になる

・社会的信用になる

・頭金や諸費用などで初期費用が賃貸よりかかる

・どこか傷ついたら自費で修繕しなければならない

・気軽に引越しできない

・維持費がかかる

・金利が上がると負担も上がる

・年月が経つと土地や建物の値段が下がり、売却が難しくなる可能性がある

結局どっちがいい?

どっちがいいと一概には言えません。それぞれに長所と短所があります。
でも、今は仕事があるけど将来的には年金で暮らしていくことになりますよね。家庭を持つ人も増えるとおもいます。

そうなったときにどちらがいいかと言ったら私は一軒家だと思います。

初期費用がかさむのが難点で購入したらしばらくは裕福とは言えない暮らしになるかもしれませんが、

若い時に遊んで老後慎ましく暮らすのと、若い時に苦労しておいて老後をゆったり過ごす

どちらがいいかといわれたら私は後者を選びます。

今遊び盛りの若い時に楽をして、年を取ってから貧乏な暮らしを送るか

今辛い思いをして、老後安定した生活を送るか。

あなたはどっちを選びますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP