ブログ

マイホーム選びのために知っておきたい、意外と知らない「耐震・免震・制震」それぞれの違いとは

日々地震の恐怖と戦っている地震大国に住んでる人にとって、我が家には地震に対応している物件を選びたいと思っている人も少なくないでしょう。

そういう物件を探しているとよく聞くワードが、「耐震」「免震」「制震」。

どれも何となく地震に強い物件なんだなという事は分かったとしても、その詳しい意味やそれぞれの違いまでちゃんと理解できている人は少ないのでは?

そう感じたので今回はこの三つの単語の正しい意味とそれぞれの違いについて詳しく見ていきたいと思います。

耐震

最も目にする回数が多い単語だと思います。

耐震とは、地震に対する建築構造物や土木構造物の破壊や損傷を防ぐ措置の事を指します。

さらに、地震の強さや構造によって建物は大きな被害を受けることがありますが、その被害を減らすまたは防ぐことを目的とした建物などの設計の事を耐震設計と呼びます。

耐震設計で重要視されるのは、一生に一度起こるか怒らないかくらいの大規模な地震に対して、居住者の命を守る事、ひいては倒壊して居住者の命を脅かしたりしない事です。

なので、倒壊しない程度に請われるのは設計の時点で許容しており、

中規模の地震では建物が損傷しても普段の生活に支障をきたさないように、

大規模な地震に対しては建物の崩壊や転倒を起こして居住者に危険が及ばないように
それぞれに対応できるように設計されています。

ちなみに原子力発電所などの重要な建物には、一般の住宅より基準値が厳しく設定されています。

耐震設計のデメリットは、揺れが直接伝わるため建物が崩れるリスクが高まる事、住宅の倒壊は防げても家具などの店頭が起こりやすい事。壁にひびが入ったりして、経年劣化が早まってしまう恐れがある事、などが挙げられます。

免震

耐震が文字通り地震に耐えられるように、建物を頑丈にバランスよく作り上げる設計なら、免震は建物と地面の間に免震装置を設けて装置でなるべく揺れを殺し、建物が地震を免れるように設計します。

免震装置は、アイソレータとダンパーと呼ばれる部品から構成されており、アイソレータは水平方向に動き建物に伝わる揺れを減らす効果を持っています。ダンパーは揺れを吸収し、建物をもとの位置に戻す効果を持っています。

アイソレータには、「積層ゴムアイソレータ」というタイプが広く使われていて、これは、鉄板とゴムを交互に重ねることで、建物の重みなど縦方向には硬く強く、地震の揺れが起こったときなど横方向には柔軟な動きを見せます。

ダンパーには、やわらかい金属の鉛を使う「鉛ダンパー」と粘り気のある油を使う「オイルダンパー」の2種類があります。主に積層ゴムアイソレータと鉛ダンパーを組み合わせて使われることが多いです。

免震には人名や財産の保護の他に、小規模な地震による細かな揺れの防止することも期待されています。工場など、少しの揺れで壊れる危険性のある精密な機械を扱っている建物などで広く使われています。

免震設計のデメリットは、地面にちゃんと建っているわけではないので一般の建物より不安定なこと、横揺れには強いが縦の揺れには弱い事、高価であること、強い風が吹いていたり、揺れが長かったりすると一般の建物より大きく揺れてしまう可能性がある事などが挙げられます。

制震

「地面の揺れ=エネルギー」として考え、建物に組み込んだ機構でエネルギーをなるべく吸収して、揺れを抑えようとするのが制震設計です。建物自体へのダメージも減らせるため、連続した地震に効果を発揮します。

免震に比べて安価で導入することができ、少し前まで大きな建物にしか採用されてなかったのですが、近年になって一般戸建て住宅でも採用される例が増えてきました。

制震には「パッシブ制震」「セミアクティブ制震」「アクティブ制震」の3種類があり、それぞれ電力などの外部からのエネルギーがどれだけ必要かで分けられています。

パッシブ制震は、一切エネルギーを使わない設計の事です。パッシブは受動的という意味で、揺れに応じて、ダンパーなどがエネルギーを吸収しようとします。免震設計と似ています。

アクティブ制震では、おもりをコンピューターが制御して動かし、地震の揺れに合わせておもり部分をわざと揺らすことで、揺れを打ち消し、建物に伝わる揺れを最小限に抑えることを目的とした方法です。地震と同程度の揺れを発生させて揺れを相殺するので、もし設計ミスや誤作動により、何もない時に発動してしまった場合の被害は相当なものになるので設計には細心の注意が必要です。

セミアクティブは、その中間で、オイルダンパーのオイルの量をコンピューターで制御することにより、パッシブよりも効果的な揺れの低減を目的としたものになります。パッシブより効果的で、アクティブのリスクを抑えめにすることが目的の設計です。よく言えば良いとこ取り、悪く言えば器用貧乏です。

まとめ

それぞれにメリット・デメリットがあるのでどれがいいとははっきり言い切ることはできません。効果だけを見るなら、「免震設計」が一番揺れは少なくなります。費用の問題をクリアできるのなら、免震一択になります。

家を選ぶときにこの知識があると、地震が起こった時の対策も立てやすくなるのではないかと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP