ブログ

悪魔の誘い 絶対やってはいけないリボ払いの仕組み

リボ払いは月々の返済額が一定の支払方法の事を指します。

毎月の支出額を一定にすることができるので、手元にまとまったお金がなくとも物を買うことができたり、家計の計画が立てやすくなったりします。

ここだけ聞くとお金がなくても高級品を変えたりする夢のような方法に見えますが、実際はそんなことはなく、一歩間違えれば、破産の危機にもなり得る、オススメできない支払方法になります。

では、その実態を詳しく見ていきましょう。

リボ払いの種類

リボ払いには、残額スライド方式定額方式の2種類があり、使うクレジットカードによってどちらかが決まってきます。

残高スライド方式

残高によって、支払う料金が名前通り、スライドしていく仕組みになっています。

例えば、

残高が10万円以下なら5000円、10万円~15万円なら1.5万円

という風に「いくらならいくら払ってね」とあらかじめ決められています。

定額方式

残高が増えても支払額は変わらずに一定のままの支払い方式です。

大きな買い物をしても支払額は変わらないので、いきなり破産することはありません。

ただし支払額を低く設定しすぎると、利息でとられて、支払いが長期化してしまいます。

キャッシング

キャッシング枠の返済にも、リボ払いは活用することができます。

通常の買い物の場合、一括払い、分割払い、リボ払いの3種類の中から支払方法を選ぶことができますが、

キャッシングでは、分割で支払うことができず、一括かリボのどちらかを選ぶことになります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP