ブログ

もう政府は頼りにならない iDeCo(個人確定拠出年金)を始めよう

老後資金2000万円問題が耳に新しいですが、皆さん貯金はしてますでしょうか?

2000万円問題はつまり、「今のお年寄りは年金以外で毎月5万円自分の貯金から切り崩して生活しているよ」という話です。

まあ、このデータはかなり適当に求められているものなので、実際に2000万円も必要になるかは怪しいです。

ですが、何もしないという訳にもいかないでしょう。
私たち若い世代が定年になったときにも、今と同じ額、同じ期間で支給されるとは限りません。むしろ金額は低く、期間は短くなる可能性が高いです。

理由は簡単に言えば、少子高齢化です。働き手が減少し、逆に年金受給者は増えるので、一人当たりに支給されるお金はどうしても少なくなります。

人生100年時代が来るとも言われていて、単純に今のお年寄りよりも20年追加で生活していかねばならないという事です。さらに退職金も年々減少傾向にあります。

なので、「将来が心配なら自分で老後の自分が使うお金を生み出せるようにしておいてね。若い今のうちから勉強しておいてね。」という政府のメッセージでもあるわけです。

ですが、「いきなり言われても何すればいいの?」という方が多いと思います。

そんな人にオススメしたいものの一つが
iDeCo(個人確定拠出年金)」です。

ざっくり解説すると、

「政府の代わりに、自分でも老後使うであろう資金を貯めて置こう」というサービスです。

自分で設定した額を毎月口座に積み立てていき、その掛け金を使って、定期預金や投資信託などで運用し資金を増やしていきます。原則60歳になるまで、お金を引き出すことはできません。

iDeCoを使うメリットとして、税制の優遇措置がついていることが挙げられます。

  1. 毎月積み立てる掛け金
  2. 掛け金を運用して出た利益
  3. 給付を受け取る時

の3段階に分けて税金の面で優遇されています。

掛け金は所得控除の対象となり、年に払う所得税(人によっては住民税)を減らすことができます。

通常株などの金融商品を運用すると、運用で出た利益には約20%の税金がかけられてしまいます。

iDeCoを使えばこの20%を無視することができます。

さらに受け取る時にも、年金か一時金として受け取れば、それぞれ「公的年金等控除」「退職所得控除」として、控除を受けることができます。

転職や結婚をしても契約を切られたりはしません。会社員でも専業主婦でも個人事業主でも、ほとんどの人が使うことができます。iDeCoを使えない人は、国民保険の支払いを免除されている人、農業年金に加入している人、会社員の人で企業型確定拠出年金に加入している人は使うことができません。

限度額

iDeCoには職によって掛け金の上限金額が決まっています。

カンタンに、

自営業の人なら、月6.8万円
会社員・公務員なら1.2~2.3万円
専業主婦(夫)なら月2.3万円が上限となっています。

掛け金は月あたり最低5000円から始められて1000円ごとに設定できるところが多いです。

運用

さて、掛け金を決定したらいよいよ運用に入っていきますが、運用する金融商品はそのiDeCoを管理する機関が選定した商品の中から選ぶことになります。

運用にあたっては、自分の方針に沿って、どのくらいのリスクまで許容するのか、目標とする利回りは、などを定めてどの商品で運用するか選んでいきます。

途中で商品の変更もできるので、ちょくちょく確認して必要に応じて対応していくようにしましょう。

運用する商品については、自分で決めることになります。勝手に選んでくれたりはしません。

自分で決めた方針に従って、掛け金でどれを購入するのかどれくらいの比率で購入するのかを決めることで、運用が開始されます。

受け取り方

iDeCoの受け取り方法として、3種類の方法があります。原則として60歳になれば受け取ることができます。

一つは、一時金として一括で受け取る方法です。
受け取れるようになったら、70歳までに手続きすることで一括で受け取れます。
受け取ったお金は退職金として扱われることとなり、退職所得控除を受けることができます。

二つ目の方法は、年金として受け取る方法です。
年金として受け取る場合は、有期年金として扱われます。受け取れるようになったら5年から20年の間で、機関の定める方法で支給されることとなります。(機関によっては終身年金で受け取れる場合も)

三つめは、一時金と年金を組み合わせて受け取る方法です。
一部を一時金ですぐさま受け取り、残りを年金で受け取る方法です。この方法は、機関によっては取り扱っていない所もありますので注意です。

注意しておきたいこと

60歳からお金を受け取るには、iDeCoに加入してから10年以上経っている必要があります。

10年に満たない場合、最大で65歳まで受け取るタイミングをずらされてしまいます。

  • 1か月以上2年未満=65歳
  • 2年以上4年未満=64歳
  • 4年以上6年未満=63歳
  • 6年以上8年未満=62歳
  • 8年以上10年未満=61歳

それと給付額は商品の運用成績によって変動します。

モノによっては元本を保証していない(預けた額より下回る可能性がある)ものもありますので、商品を選ぶ際には十分に注意して選びましょう。

手数料もかかります。

  • 加入・移動時(初回のみ)=2,829円
  • 掛け金積み立て時=105円
  • 還付時(ある理由により当該付きの掛け金を返却されるとき)=1,048円
  • 他、管理機関により手数料が設定されています

まとめ

iDeCoはその性質上若い人向けの商品です。

ですが、新卒などまだ社会に出たばかりの人にはあまりお勧めしません。

というのも、掛け金を一度設定したら後から変更することはできず、しかも60歳になるまで積み立てたお金を引き出すこともできないので、貯金も心もとない時期に病気や事故などで収入が減ってしまうと、月々の支払いがかなりの負担になってしまう恐れがあるからです。

なので、個人的にiDeCoをオススメしたいのは、社会に出てある程度の経験を積み、貯金も少し余裕が出てきたくらいの社会人5~10年目当たりの時期から始めることをオススメします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP