ブログ

ETF(上場投資信託)とは【初心者向け投資商品】

ETFとは?

ETFはExchange Traded Fundの略で、上場投資信託とも呼ばれる投資信託の1種です。

ざっくりいえば、特定の一企業に投資するのではなく、市場全体に投資するといったイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

一般の人に「投資とは?」と聞くと、株式やFXなどを思い浮かべる人が多いと思います。

ですが、これらは特定の一商品に投資するもので、金融市場は常に動いており、一気に損をしてしまう可能性があります。投資は、いくつかの商品にお金を分けて投資する分散投資が基本です。そうすれば、たとえ一社の株が大きく下落してもそこまで被害が大きくならずに済みます。

なので、投資を始めたばかりの人には、小額から複数の投資先に投資できる投資信託やこのETFなどがおすすめされています。

そんな初心者向け投資商品であるETFについてご紹介していきます。

ETFと投資信託の違い

ETFと投資信託はよく似ており、よく二つとも資産形成の初心者向け商品とオススメされていると書きました。

購入方法や価格の計算方法など細かい違いはあるもののほぼ同じといってもいいでしょう。なぜならETFは「上場させた」投資信託のことだからです。

違いとしては、証券会社で購入するか金融機関で購入するか、注文を出した当日に売買金額が公表されるか翌日に公表されるか、価格がリアルタイムで動くものとその日ごとに計算されるもの、注文方法にも違いがあります。

ETFと投資信託のどちらが優れていてどちらが劣っているという訳ではありません。人によってもどちらが向いているのかも変わってくるので、購入する場合は事前に下調べをしておくことが必要です。

ETFはパッシブ運用

投資信託にはアクティブ運用とパッシブ運用があり、パッシブは「消極的」という意味で市場平均に追随した運用を目指します。アクティブは「積極的」を意味し市場平均を上回る運用を目指すものです。

カンタンに言えば、パッシブはローリスク・ローリターン、アクティブはハイリスク・ハイリターンです。市場平均に合わせればいいパッシブと違い、アクティブは平均を上回ろうとするので平均より値上がりする銘柄を購入することになります。

ですが、そんな銘柄を事前に知ることなどできるわけがなく、かなりの精通したプロでなければ利益を出すのは難しいです。

例えば一定の期間で区切れば、パッシブより結果の出ているアクティブは少ないです。

そう考えると、パッシブの方が良いと思います。ですが利益ばかりでなくコストも考えていかねばなりません。

売買の際に手数料も取られるので平均を追うパッシブだけでは、赤字になってしまう可能性があります。

その点で言えば、通常の投資信託よりもETFなら投資家から取引所まで踏むステップが少なく済むのでその分手数料も少なくなり、赤字になるリスクも抑えられるという訳です。

しかし、商品によってリスクの大きさや配当の有無なども違ってくるので何度も言うように事前の下調べが重要です。

まとめ

ETFは、投資初心者にオススメです。ETFに限らず投資信託は自分で運用しなくていいのが最大のメリットとなっており、最も簡単に手が出せる「勝手にお金を生み出してくれる商品」でしょう。

とはいえ、その分初心者を食い物にしようとする手数料をぼったくってくる悪徳商品も存在しています。

最近なら、投資のプロフェッショナルなどがYouTubeやブログなどでそういった商品の見分け方も投稿していますので、再三言う通り、勉強して知識をつけることを怠らないようにしてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP